ビリーのブログ

ダイレクト出版政経部門ビップ会員、イシキカイカク大学修了生の筆者が日々の学びや、世の中の事を中心に、お役立ち情報を毎日発信します

コロナとキャッシュレス決済

コロナを利用してやりたいことを全部やろうとしてますね!!

 ↓↓↓↓

「TBS」

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4259540.html

 

まぁ、キャッシュレス決済は様々な決済サービスを提供するプラットフォーマーの思惑もありますが、決済手段の進化でもあるので悪いことばかりではないと思います(^^)/

 

人類の決済手段というのは、物々交換から、石盤を掘って記録するようになり、貝殻になり、金銀財宝になり、貨幣になり、預り証としての紙幣になり、、、、

 

とより便利に進化してきたわけです(^o^)

 

仮想通貨なども登場してきましたし、やり方は良くありませんが、キャッシュレス決済は人類の決済手段の進化の流れだと思います(^^)/

 

このようなお金や金融の教育が戦後日本から消されてしまったことに危機感を持ったグローバル・サポート最高経営責任者の中村公一先生のYouTubeチャンネルを紹介しますね☺️

 ↓↓↓↓↓

「家族で学べるお金の学校」

https://youtu.be/4n_YYw56wuE

 

新幹線を産み出した技術

あなたは「満州」ってどういうイメージを持ってますか?

 

戦後、日本の歴史というのは完全にウソで塗り固められているというのはこのブログを読んでくれているあなたなら理解しているかと思います(^^)/

 

当時の日本が統治していた満州満州鉄道を通してよく分かる映像を紹介しますね!

 ↓↓↓↓↓

特急アジア

https://youtu.be/iUcjZ9OC1sA

 

この「特急アジア」私がよくお話しを聞いている小名木善行先生によると、特急アジアの技術が戦後新幹線を作り出すことになったのだそうです(。・_・。)ノ

 

小名木善行先生

 ↓↓↓↓

「CGS」

https://www.gstrategy.jp/blog/blog-cat/season03-02/

 

私達が教えられたイメージとは全く違う当時の映像を是非見てみてください(^^)/

IS復活の影に資源戦争?

今日は私が尊敬する危機管理コンサルタントでジャーナリストの丸谷元人先生の「月刊インテリジェンスレポート」を聞いていました(^^)/

 ↓↓↓↓↓

https://in.intelligencereport.jp/weeklymail

 

あなたは何年か前に一時期テレビでもさんざん報道されたIS(イスラム国)って覚えていますか?


f:id:billyweb:20210505192004j:image

 

人質をとったり、人の首をきったりして暴れまわっていたISはどこに行ってしまったのでしょうか???

 

丸谷先生は以前

「今後はアフリカに現れるのではないか」

と言っていました。

 

実はこのISに限らず、国際的なテロリストというのは各国の国益のための都合の良いツールなのです(。・_・。)ノ

 

丸谷先生によると以前シリアなどで暴れまわっていたISが突然勢力がなくなったのはトランプ大統領がCIAに支援するのをやめろと命令を出したからなのだそうです(。・_・。)ノ

 

そのとたんISは資金や武器などの支援がなくなり、一気に衰退しました、、、

 

しかしトランプ大統領が退任したとたん、アフリカのモザンビークに現れたようですf(^_^;

 

モザンビークには石油スーパーメジャーの1つ「トタル」の石油施設があるのです。

 

あなたも是非、超一流のインテリジェンスがどういうものなのか丸谷先生の「月刊インテリジェンスレポート」で勉強してみて下さい。私のイチオシコンテンツです!

 ↓↓↓↓↓

https://in.intelligencereport.jp/weeklymail

 

因みに掲載した写真に写っている黒づくめの人達ですがこんな格好でシリアなどの砂漠地帯で戦闘したら目立っちゃってすぐ撃たれてしまうそうです。この格好はあくまで怖がらせるためのパフォーマンスなのだそうですよf(^_^;

あなたのクレジットカード情報

あなたはクレジットカードの審査に落ちた経験はありますか?

 

世の中にはクレジットカードの審査落ちる人も結構いるようです。

 

しかし本人は何で落ちたのか分からないことも多々あるようです。

 

何で落ちたのか教えて欲しいですよね!

 

そんなときは!!

 

Credit information Center(CIC)

 ↓↓↓↓↓

https://www.cic.co.jp/mydata/online/index.html

 

クレジットカード会社はこのCICに加盟していて、その人がどのクレジットカードを持ち、支払い状況がどうかなどを加盟会社間で共有しているのです。

 

落ちた原因はこのCICに登録されているあなたの個人情報にカード会社の基準に引っ掛かる情報があったことが原因であることが多いようです(^_^;)

 

ここに登録されているあなた自身の個人情報は1000円払えば見ることが出来ます(^^)/

 

気になって私も自分の情報を見てみました(。・_・。)ノ

 

pdfをダウンロードも出来るので必要項目を入力したら、すぐ見ることが出来ますよ!

 

こんな個人情報がクレジットカード会社間で共有されているんですねf(^_^;

どういう人がお金持ち?

資産形成セミナー2日目!!

 

講師は世野いっせい先生(^^)/

 

世野いっせい先生のプロフィール

投資家。
主に、国際金融、米国の不動産投資に精通。芸能人やメジャーリーガーなど、多くの顧客を持つ。
かつて外資系投資会社とのパートナーシップにより、いわゆる「ハゲタカ」として14年間活動した経験を持ち、海外投資家のマインドを深く知る。
海外に長く滞在して分かった、文化を継承していくことや母国を大切にすることの重要性を伝えつつ、道徳と経済の合一を目指して活動している。

 

 

あなたはお金持ちの人はどんな人???

 

と聞かれたらどんな人を思い浮かべますか?

 

社長?

 

医者??

 

弁護士???

 

日本人の思い浮かべるお金持ちのイメージは働いている人ですよね!

 

それは労働者の脳ミソなのだそうです。

 

欧米人の思い浮かべるお金持ちは働いていない人なのだそうです!!

 

働かなくてもお金が入ってくるのが欧米人のお金持ちのイメージなのだそうです(。・_・。)ノ

 

欧米人は若いころは労働で稼ぎ、その稼ぎからお金を産み出してくれる資産に替えていくのだそうです(。・_・。)ノ

 

つまり体が動く若いうちに自身の労働力で稼ぎ、ある程度資金が貯まった段階で、卵を産んでくれるニワトリを買うのだそうです。そして買ったニワトリが産んでくれる卵で食べていくのだそうです。

 

日本人はニワトリを買うのではなくいきなり卵を買ってしまうので、その時だけになってしまうのです(^_^;)

 

ではこの卵を産んでくれるニワトリは一体何を買えばよいのでしょうか?

 

世野先生はアメリカ不動産が一番良いと言っていましたよ(^^)/

 

ただし、やはり不動産!初期費用は500~600万円くらいは必要なのだそうです(^^;

 

さてさて、、、

 

どうやって用意しよう、、、(・・;)

 

日本のアフターコロナ

今日は浅井千晴さん主宰の資産形成セミナーを受けていました(^^)/

 

浅井千晴さん

 ↓↓↓↓

https://asaichiharu.com/

 

講師はグローバル・サポート最高経営責任者の中村公一先生です!

 

「グローバル・サポート」

https://globalsupport.com.hk/

 

資産形成の講義もさることながら、時期が時期なだけにコロナ騒動の話題もたくさんお話しして頂きました。

 

やはりこれから日本はちょっと大変なことになりそうです(~_~;)

 

中村先生は現在約30%の日本上場企業の外国人投資家の株式保有比率が経営権を握られる50%に達するのは2050年と予測していたようなのですが、このコロナ騒動により20年早まると予測しているのだそうす。。。

 

つまり2030年です。

 

あと9年、、、

 

もう本気で時間がない(~_~;)

 

今日はちょっと暗くなってしまいましたが、明日は投資家の世野いっせい先生の投資セミナーです!

 

きっと、ワクワクするような投資のお話しが聞けると思いますので明日はハッピーな内容になるといいな!!

頭の回転が早いテレビ局員

今日また東北で震度5強の地震がありましたね。

 

緊急地震速報って「ドキッ」としますよね、、

 

今日、この緊急地震速報が出たとき私は勤めているテレビ局のサブコンというモニターがいっぱいあってディレクターがキューを出しているテレビ局の放送を発信している部屋にいたのです。

 

そこで後3分で生放送開始というタイミングで緊急地震速報が入っていたのです。

 

私も長くテレビ局に勤めていますが、サブコンで生放送開始直前に緊急地震速報が入ったのは始めての経験でした。

 

当然、放送するはずだった番組が、地震の状況の放送に切り替わるのですが、現場は騒然とするわけです!

 

地震の状況を伝える時間分予定していた番組の尺が短くなってしまうので、どのコーナーをなくすのが、VTRをどれだけ削るのか、どのタイミングで本来放送するはずだった番組に戻るのか、などを地震の状況を見ながら判断するわけです。

 

このあたりの状況判断、判断の速さはさすがなのです(。・_・。)ノ

 

テレビ局の方々、特に生放送を毎日担当している方々というのは、ちょっと怖いくらい頭の回転が早いのです(^o^)

 

なので、テレビ局では頭の回転が早い人が好まれる傾向があるように感じます。

 

まぁ、「頭の回転が早い」イコール「頭が良い」ではありませんが、「頭の回転が早い」というのがテレビ局の中では大きな武器なのです(。・_・。)ノ