ビリーのブログ

ダイレクト出版政経部門ビップ会員、イシキカイカク大学修了生の筆者が日々の学びや、世の中の事を中心に、お役立ち情報を毎日発信します

金正恩は生きてるの死んでるの?

北朝鮮金正恩は生きているのでしょうか?

ここの所、表に姿を表さないため

「死んだのではないか?」

とか

「殺されたのではないか?」

などとウワサが色んなところから聞こえてきます。

かなり信用できる情報筋からも死亡という言葉が聞こえてきます。

 

しかし、コロナを恐れているから出てこないだけだという方もいます。

 

また、金正恩の代わりに表舞台に出てきた妹の金与正(キム・ヨジョン)。

この金与正によって、6月16日、開城(ケソン)の南北共同連絡事務所が爆破されました。テレビでも大々的に報道されました。

が、

これ、、

意味が分からないですよね、、、

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

実は、これも今年の11月のアメリカ大統領選が関係しているのだと危機管理コンサルタントでジャーナリストの丸谷さんがおっしゃっていました。

 

 

危機管理コンサルタントでジャーナリストの丸谷元人さんについてはこちらのブログをご覧ください。

   ↓

つなげてみる

https://billyweb.hateblo.jp/entry/2020/06/07/013314

 

 

このブログでも何度かそれとなく書いてきましたが、今年のアメリカ大統領選は

トランプ以前までの

アメリカ旧エスタブリッシュメント

  vs

トランプ

なのです!

 

 

アメリカ大統領選についてのブログ

     ↓

トランプ大統領ってマスクしないですね、、、

https://billyweb.hateblo.jp/entry/2020/05/21/194610

 

 

トランプに近づき過ぎてしまった金正恩が、少しトランプ再選の雲行きが怪しくなってきたと判断し、トランプが負けてしまった場合に備え、妹を使い、保険を掛け始めたているのではないか?言う事でした。

 

この爆破で、トランプ政権誕生以来演出してきた韓国との融和ムードは吹き飛びました。

 

戦後アメリエスタブリッシュメントが作り上げてきた構図に無理矢理戻してしまったと言う訳です。

 

それで許して貰えるのでしょうか、、、

 

しかし妹の金与正さん、見事にヒール役になってますね。

写真や映像はほとんど斜め下からのアングルで高飛車なイメージを受けてしまいます。

演じているのか、演じさせられているのか分かりませんが、演出されているなーと感じてしまいますね(^^)

 

さて金正恩は生きているのでしょうか?

あなたはどう思いますか?

 

realisasp.com


今回の都知事選の結果次第で、

「日本が中国の属国になるかもしれない」

という衝撃の事実が明かされています。

東京都民はもちろん、日本国民なら、
とても見逃せない事実ですよね。

少しだけ、
この信じられない話のネタバレをしますと、

注目しなければならないのは、

小池百合子氏と自民党・二階幹事長の
「蜜月ぶり」です。

コロナが中国で猛威を奮った今年2月4日、
小池知事は二階幹事長の要請に応える形で、
防護服10万着を中国に提供。

いっぽう2月29日、二階幹事長は、
日本に防護服5千着とマスク10万枚を提供
すると述べた中国外交担当トップの楊氏に対し、

新型コロナウイルスが収束したときには
 御礼の訪中をしたい」

などと、世界を混乱に陥れた新型コロナの
発生源であるはずの中国に対し、

あり得ない媚を売っていました。

そして二階幹事長は、
都知事選の告示よりはるか前、
3月24日時点で反対する都連を押し切り、

自民党小池百合子都知事支援の方針で
固めていました。

こちらの動画の中では、
京都大学教授・元内閣官房参与藤井聡氏が、

realisasp.com


「新型コロナは中国が作った生物兵器である
 可能性が高い」

とも発言していますが、

もしそれが本当だとしたら、

コロナという生物兵器を作った中国を、

二階幹事長・小池知事は「支援していた」

ということになります。

そして、新型コロナによって
世界を混乱に陥れておきながら、
中国がいったい陰で何を進めているか。

日本に対しても、
尖閣諸島周辺の領海侵犯を活発化させ、

最近でも中国のものとみられる潜水艦が
奄美大島付近の接続水域を通過しました。

また経済的にも、体力が弱った企業や
日本の旅館を買収しようと狙っています。

もし都知事選で小池氏が勝てば、

まさに

「日本が中国の属国になるかも」

しれません。

東京都民だけの問題ではないですね。

その他にも、
日本の未来を左右する超重要なお話が、
ここでは沢山議論されています。

realisasp.com


無料ですので、
ぜひ見てみてください。